« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年7月

2013年7月 2日 (火)

どうやって病院を探せば良い?

「うつ病 病院 検索」とキーワードを入力して、ネットで検索すると全国各地の病院が探せる大きなサイトを見つけることができます。

あとは、近くの市町村の医師会のホームページから探すこともできます。

東洋医学の先生がいる病院に行きたい方、数は少ないですが精神科、心療内科の漢方医もいます。(私はいったことがないので薬や治療方法などわかりませんが。)
「漢方 お医者さん探し」などのキーワードを使って検索すれば漢方医が探せるサイトを見つけることができます。

病院さがしでは、まわりの評価等も気になりますが、大切なのは医師との信頼関係が築けるかどうかです。
自分に合いそうな病院をまず1つ選んでいってみてください。
そこで合わなかったら、変えれば良いのです。
ただ、患者が人なら医師も人、人と人なので、信頼関係が築かれるまで多少の時間は必要です。医師に分かってもらえる為にも患者として、自分の状態をなるべく冷静に、自己判断はせずありのままに伝えるのは患者のマナーだと思います。
小さなクリニックでは混んでいるところも多く、数分の診察で信頼関係なんか築けるのかと思うけれど、医者はやはりプロ。こちらがしっかりと伝えれば必ず答えてくれます。
そうやって信頼関係が築かれていくんだと思います。

2013年7月 1日 (月)

うつかなと思ったら、病院へ

何だか最近へん、おかしい。
眠れない、集中力がない。何をやっても楽しくない。
そんな症状が2週間以上続いたら精神科や心療内科のある病院へいきましょう。

精神科や心療内科はなじみがなくて、なんとなく近寄りがたい感じがするかもしれませんが、風邪ひいた時に内科にかかるのと同じぐらいの感覚でいって大丈夫です。
精神科と心療内科、どっちへ行ったら良いのか迷うかもしれませんが、まず病院へ行くことが大事なので、はじめはどちらでも構わないと思います。

ただ、予約制のところも多いので前もって電話してからいきましょう。
電話も怖い?大丈夫。精神科や心療内科の受付は親切な人ばかりです。
「いつごろからどんな症状があるのか」聞かれることが多いので、まとめてから電話するとよいでしょう。

病院に行くのが遅れると症状の悪化をまねくだけでなく、精神障害者年金や自立支援医療費、障害者手帳など後で福祉サービスの申請を行う際に初診日が重要となってきますので、とにかく早く行きましょう。
働いていて厚生年金をおさめている人は、会社を辞める前にいきましょう。
障害等級3級でも障害年金の申請ができるかどうかに関わってきます。

福祉の話まで広げてしまったので、わかりにくくなってしまったかもしれませんが、
とにかく早く病院へいきましょう。

うつと福祉に関してはまた後で詳しく伝えていきますね。

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ