« せめて薬情は読もう | トップページ | 離人症状 »

2014年4月 3日 (木)

薬が合わなくて恐怖心が増してしまった

薬を飲むと怖くなる。

そんなことある訳ないけど、そうかもしれないと疑いつつ、新しく処方された薬(寝る前)を飲んでいました。

薬を飲むと一瞬不安が消えるんです。でもその後に恐怖心が出てきてしまって、ぜんぜん眠れない。

「自分が自分でないような、この後どうなっちゃうんだろう。」ってすごく怖くなってしまうんです。

だから、頓服のように本当に不安になった時だけ、半分に割って飲んでいました。

先生に伝えると薬があっていなかったんですね。

と言われました。そして薬を変えてもらいました。

でも、薬を変えたからといってその恐怖心はすぐには消えないかもしれないとのこと。

薬は症状を改善させるだけでなく、合わない薬を飲むと悪化することもあるんだと身をもって知りました。

薬を飲みましょうって教えてくれるけれど、合わない薬を飲んだらどうなるかなんて教えてくれる人はいないから、私は3週間ぐらい無理して飲んでしまいました。

私のようにならないためにも、もし合わないと思ったら、すぐに病院を受診するか、せめて連絡するのが一番だと思います。

« せめて薬情は読もう | トップページ | 離人症状 »

うつと医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572561/59403420

この記事へのトラックバック一覧です: 薬が合わなくて恐怖心が増してしまった:

« せめて薬情は読もう | トップページ | 離人症状 »

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ