ようこそ

お訪ねいただき、ありがとうございます。

カテゴリーの紹介ページはこちらです。

このブログが何かのお役に立てたら幸いです。

休符について、ほんの少しだけ考えてみる

私の先生は中学校で音楽の先生も

しているのですが、

今の音楽の授業では

フォルテを大きくピアノを小さくと

教えてはいけなくて

教科書的には、強く弱くと教えないといけない

という話から

休符って、子どもの頃

お休みって習ったけど

それでいいんだろうか?

という話になり、

もっといい解釈はないかと

レッスン中にスマホで調べながら

ああでもない、こうでもないと話して、

お休みっていうと

日曜日のような休日を想像してしまって

だらっと力の抜けた感じになってしまうけど

イタリア語で休符はpausa

休符以外にどんな意味があるかというと

休み時間とか一時的な中断を意味する

ということがわかって、

じゃあ緊張感は保っておかなくちゃだめだよねって

話しになって、

他には「ことばの間」とか「文章の区切り」という

意味も見つかって、

「間」って考えるのが一番しっくりくるかな

という何となくの答えが見つかったのだけれど、

休符がきた、ふ~お休み、は改めないと・・・。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

音をつくるって(つぶやき)

あ、タイトルにDTMって入ってないけど

シンセサイザーの話しです。

8月の終わりに書いて、

下書きになっていた記事で

まだ途中ですが、まとまりそうもないので・・・。

 

シンセサイザーで音をつくるのって

料理するのと似てるのかな。

砂糖を入れて甘くするとか

塩を入れてしょっぱくするとか

でも、塩はしょっぱくするばかりじゃなくて

小豆を煮る時に少し入れると

甘さが際立ったり。

スープにこしょうを入れると

味がしまるなんてのもある・・・。

 

よくわからない記事だけど

勉強していくうちに

この意味を説明できるようになりそうな

そんな気もします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

«変わったこと

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。

にほんブログ村

  • ランキングに参加しています。
    クリックすると人気ブログランキングのページにとび、このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。
無料ブログはココログ