« アップライトはペダルの位置が高い? | トップページ | 買って良かった、同じ教本2冊 »

発表会でお客さんが求めるもの

昨日は通っているピアノ教室の発表会を、みにいってきました。

私も毎年出ていたんですけど、

今年は弾きたい曲も見つからず、自信もなかったので出ませんでした。

お客さんとして発表会をみてみると、自分の思っていたものとちがうものを

お客さんが求めていることに気付きました。

私は、自分が出る立場の時は、

大人の初心者の下手な演奏なんて面白くないんじゃないかと思っていました。

がんばって弾いている小学生はかわいいし、

何年も続けている中学生、高校生はそれなりに難しい曲を弾きこなすし、

大学生、社会人になると、聴く価値のあるレベルの高い演奏をするし、

そんな中に、下手なおばさんが出て弾かれても、しらけちゃうんじゃないかと思っていました。

でも、小さな市民ホールでやるピアノの発表会に来るお客さんって、

出る子の家族とか友達ばかりでほとんど身内、

音楽に詳しい人もそんなにいないんですよね。

で、何をみにきているかっていったら、その子の成長をみてるんですよね。

いっぱい練習してきた子は自信を持って、堂々と弾いているのが

素人目にもわかるから、みていて気持ちがいいし、

テクニックがあるのに練習不足でつっかえてしまう子

(特に中学生、高校生に多い)には

きっと受験や部活で忙しかったんだねって

温かい目で見守っている。

音楽のことは分からなくても、

その人が頑張ったかどうかは聴いている人にちゃんと伝わる。

お客さんが求めているのは「そこ」、頑張りの部分なんですよね。

だとすると

大人になっても一生懸命になれることがあるって、素晴らしいですよね。

それが発表会に出ることで人に伝えられるんだとしたら、

下手でも出る価値があると思ったんです。

だから、来年はいっぱい練習して出ようと思いました。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。

クリックすると ピアノ初心者 人気ブログランキングのページに

とびます。

« アップライトはペダルの位置が高い? | トップページ | 買って良かった、同じ教本2冊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発表会でお客さんが求めるもの:

« アップライトはペダルの位置が高い? | トップページ | 買って良かった、同じ教本2冊 »

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。
無料ブログはココログ