« 拍感って大事 | トップページ | ピアノを再開した訳 »

ピアノを買ってもらった日の事 32年前の話

ピアノを買いに行った日の事、今でも何となく覚えています。

32年前、小学校の1年生の時でした。

それまで習っていたピアノの先生(詳しくはこちら)に

ピアノのレッスンを続けるなら

オルガンじゃなくて、ちゃんとピアノを買った方が

良いと言われたから買いに行ったそうです。

 

店に入ると、体育館のような、広くて明るい店内に

ピアノが並んでいました。

その中の一角に

確か、アップライトピアノのコーナーがありました。

いくつか試し弾きして、1つのピアノを選びました。

父も母もピアノには詳しくないので、

私が「これが良い」っていったのを買ってくれました。

何か良い音がしたのと、色がマホガニーで

黒くなくておしゃれな感じがしたから、

それを選んだのを覚えています。

東日本ピアノ製造のKRIEBEL(クリ―ベル)という機種です。

自分のピアノ以外で見たことはないし、

マイナーなピアノですが、今もすごく気に入っていて

大事に使っています。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。

クリックすると ピアノ初心者 人気ブログランキングのページに

とびます。

« 拍感って大事 | トップページ | ピアノを再開した訳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノを買ってもらった日の事 32年前の話:

« 拍感って大事 | トップページ | ピアノを再開した訳 »

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。
無料ブログはココログ