« 大人の初心者が弾きたい星の曲 | トップページ | 聴くピアノ7 »

スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に その8 ステップ2

ステップ2

左手。

5度圏のうちの6つの調

ヘ、ハ、ト、ニ、イ、ホ長調は同じ指使い

毎日この6つの調のスケールを

5度圏の順序で左手だけ練習する。

やり始めて8日でできるようになりました。

片手だけなので、楽に練習できます。

ステップ3は

右手

残った6つの調

変ト、変ニ、変イ、変ホ、変ロ、ヘ長調。

前に書いた時は変トじゃなくて嬰へってなっていました。

どっちでもまあ同じなんですけど

私が使っている東音企画さんの楽譜が

変トになっていたので、変トにしました。

で、ステップ3は

「黒鍵のパターンが指針となっている指使い」

なんですけど、

簡単に言えば、それぞれの黒鍵を担当する

指を決めてしまいそれに従って弾きます。

下の写真の右側、青い丸が右手

緑の丸が左手です。

書いてある数字が指番号です。

P1020129

これで練習すると、

♭がいっぱいの調も簡単に弾けました。

 


にほんブログ村

クリックすると ピアノ初心者 人気ブログランキングのページに

とびます。

« 大人の初心者が弾きたい星の曲 | トップページ | 聴くピアノ7 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 大人の初心者が弾きたい星の曲 | トップページ | 聴くピアノ7 »

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。
無料ブログはココログ