« 月に一度は | トップページ | 聴くピアノ 第2集 »

今日のレッスンで

音が解放された音になったと

褒められた。

ただ、何も弾き方を変えていないので

嬉しいより先に、何で?と

一生懸命 理由を探してしまった。

先生に、褒めない人が褒めてるんだから

素直に喜んでいいのよ。って言われたけど

全く何もしてないので、喜ぶに喜べず。

やったことと言ったら

練習の仕方を変えただけだし・・・。

で、ちょっとたってから

あ、練習の仕方変えてから

自分のできていない所がわかるようになって

〇をもらえないなっていうことも

何となくわかるようになって

〇をもらうことに、こだわらなくなったから

固さが取れたのかなってことで

帰ってきたけど、

もう一つ思い当たるものが・・・

ストレッチポール。

緊張しやすく、自律神経も乱れやすい。

おかげで背中はいつもがっちがち。

それを少しでも良くしたいと思って

ストレッチポールを買った。

少し前に、来年は体づくりをがんばろうかなと

ブログにも書いたけど、

体づくりをしたいと思った理由は

ピアノがどうのこうのっていうより

自分の体が少しでも楽になればという思いが一番で

ついでにピアノにも良い影響があればという考えだった。

で、体が寒さについていけず、辛くて何とかしたかったから

このタイミングでストレッチポールを買ったのだけれど、

買ってすぐ、たった10分やって

その後練習したら、音がいつもと違った。

ヨガを習っていた時に、帰ってから練習すると

いつもと音が違って伸びやかになるというのを

感じたことがあったけど、それと似た感覚だった。

まだ買ってから3日しか経っていないけど

自分の姿勢が変わってきているのも感じている。

私は変わった音にもうすでに慣れ始めているから

あまり何も思わなくなっているけど、

久しぶりに聴いた先生は、

音が良くなったと感じたのかもしれない。

と、色々 理由を考えてみたけど、

どれか一つというより

色々なことが重なって、

音が変わってきたんだと思う。

何でも思ったことをやってみるのは良いこと

そう思っておこう。

 

ストレッチポールの公式サイトのリンク

貼っておきますね。

http://stretchpole.com/

体幹とか、アレクサンダーテクニークに

興味ある方はみてみると面白いかもしれません。

もう一つ、ストレッチポールの姉妹品

ひめトレに関する記事のリンクも貼っておきますね。

http://himetore.com/blog/1381

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« 月に一度は | トップページ | 聴くピアノ 第2集 »

コメント

確かに身体の使い方一つで指先や細部の動きが変わる、というのはよく聞く話なので効果ありなんでしょうね。
きっとくらぽんさんご自身がコツを掴むのが上手なのでは?
やみくもにやったところで変わったと実感できる程の効果はないでしょうし。
それにしても本当に色んな事を研究したり実践されたりなさってて凄いです!
こちらはヒントを頂いてばかりですが…ありがたいです(^o^)/

如月さん、こんばんは。

私自身は何をするにもとても不器用です。
器用だったら迷うこともなくて、ブログも書いていなかったかも・・・。

ただ、耳は良い方かもしれません。
不器用で下手だから伸びしろが大きくて、耳がいいから、ほんの少し上手くなると、すごく上手くなったように錯覚して、楽しくなるみたいな、そういう循環にうまく乗れているのかもしれません。

ブログを書いていらっしゃる方、みなさんセンスが良くて、大人から始めたと言っていてもすごく難しい曲を弾いていたり、表現が豊かで羨ましくなってしまいますが、それはみなさんにお任せして。

私は、テクニックがなくても、時間がなくても、知識がなくても、先生についていなくても、音楽を楽しめたり、ピアノを弾くことが楽しくなったりする方法を伝えたいなと思っています。
なので、私のブログを読んで何かヒントを得られたのなら、とても嬉しいです。

私も不器用です。

大竹さんってコンクールで賞も貰って才能あるよね、
と思われることがあるのですが、本人は、
「あぁ、なんて才能がないんだろう」と悩むことがあります。
以前の私の場合は、プロ並みに目標が高すぎて、
そこまでは辿り着けないので、
「あぁ、ピアニストの誰々さんはあんなに上手なのに」
と、無理に同じ土俵に立とうとして落ち込んでいました。

最近は、以前ほど落ち込むことはなくなりましたが、
不器用ゆえに、いまだに、あぁ才能がほしい、と思ったり。
不器用なりに練習するしか道はないのに、
楽をしたいなぁと思ったり(笑)
まだまだ先は長いですね(^^♪

大竹さん、こんばんは。

不器用だと、落ち込んでしまうことも多いけど、その分長く自分の成長を楽しむことができると考えれば、それも悪くないか、と思ったりもします。

すぐに弾けるようになってしまう人は、すぐにできるようになっちゃうから、何を弾いてもつまんないという悩みがあるそうです。

そう考えると、私たち、何か得をしている気分になってきませんか?

練習を楽しめる人が一番幸せな人かもしれませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572561/66106524

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 月に一度は | トップページ | 聴くピアノ 第2集 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ