« 【DTM】ピアノバージョンで作り直し中 | トップページ | もっと手が開いたらいいな その9 »

【DTM】本当にカノンのかけらになてしまった、ピアノバージョン

カノン進行を使った短い曲を作ったので

「華音のかけら」というタイトルをつけたのですが

それをピアノバージョンにしようとしたら

メロディーと伴奏が合わない所が

いっぱいあったことに気付いて

伴奏の方を直していたら

カノン進行ではなくなってしまった。

でも、ピアノの前に座ってたら

B楽節らしきものを作れて

ちょっと長くできたのはラッキーだった。

といっても、過去に私が弾いたことのある曲

キャサリン・ロリンの「ほんとうの喜び」の

中間部のパクリみたいな感じだけど・・・。

DTMっていっても色々あるけど、

私が興味があるのは

歌入りの曲ではなくて

インスト系のサントラとかBGMみたいな曲

なんだってことに気付けたのは進歩かもしれない。

やってみたいことがわかっていれば

知りたいことを探すための入り口も

見つけやすいもんね。

自分で弾こうかなとも思ったけど、

パソコンに任せたので、

またのっぺらぼうな仕上がり。

今までは簡単に使えるフリーソフトを使ってたけど

ちょっとバンドルソフトを入れてみたくなったので

次にあげるときは上達していたい。

 

伴奏の形を変えようと思ってたけど

色々やってみて変えない形が一番良かったので

そのままにしました。

 

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« 【DTM】ピアノバージョンで作り直し中 | トップページ | もっと手が開いたらいいな その9 »

コメント

本日2度目の登場。

30年前の曲ですが、DTMの参考にしていただきたいと思います。
各フレーズは今聴くと無表情な感じですが、断片的なフレーズを、ミキシング(パンニング)で埋めるという当時としては画期的な手法で誰も真似できませんでした。
忙しくめまぐるしい曲です。

全体的にクリアなサウンドはヤマハのシンセサイザーをメインにしているからです。
それではごきげんよう。

Scritti Politti: Boom! There She Was

https://www.youtube.com/watch?v=mbCsMigGiLM

わお!
あずにゃんさん、いらっしゃいませ。

まさかこの記事にコメントが入るとは思ってなかったので、びっくりです。

かっこいい。っていうか私の好きな感じの曲。
他の曲も聴いてみます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572561/66247069

この記事へのトラックバック一覧です: 【DTM】本当にカノンのかけらになてしまった、ピアノバージョン:

« 【DTM】ピアノバージョンで作り直し中 | トップページ | もっと手が開いたらいいな その9 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。

にほんブログ村

  • ランキングに参加しています。
    クリックすると人気ブログランキングのページにとび、このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。
無料ブログはココログ