« 聴くピアノ30 | トップページ | 体幹をつよくしたい その1 »

DTMをかじってみたら、おいしかった

冬休み中はたくさんキーボードで遊びました。

おかげでDominoにはだいぶ慣れました。

私はDTMとピアノを弾くことを分けて考えていて、

それぞれを楽しもうと思っていたので

どっちかのためにどっちかを頑張る

みたいな考え方は全くなかったのだけれど

DTMはピアノを弾くことに対しても

良い影響を与えるような気がしています。

ピアノロールで打つと楽譜よりも

音の高低差が感覚としてはっきりわかるし

DTMで曲を作ろうとしたら

ドラムパートも自然と打ち込みたくなるから

リズムも意識するようになるし

メロディーも少しでも自分で作るようになると

コードだけじゃなくて

音符の長さとか

コードトーンかノンコードトーンかを気にするようになるし。

人間て意識すると何かを感じるようになると思うのですが、

そういうポイントが増えたと思います。

今までの楽譜に書いてあるから書いてある通りに弾くのとは

ちょっとだけ違う感じがあります。

これを幅が広がるというのかもしれません。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« 聴くピアノ30 | トップページ | 体幹をつよくしたい その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572561/66262070

この記事へのトラックバック一覧です: DTMをかじってみたら、おいしかった:

« 聴くピアノ30 | トップページ | 体幹をつよくしたい その1 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。
無料ブログはココログ