« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

レッスンで弾き始める前にストレッチしたら

先生は私の緊張を解くために、

弾き始める前に雑談をしてくれるのだけれど

ある日のレッスンで、

その最中に、体が固かったからストレッチしたら

調子良かったので、最近は毎回やっています。

レッスン自体は細かいこともたくさん言われるけど、

私も多少の口答えはするし

まるでコントのような状態

ずっと笑っているような楽しいレッスン なのですが、

緊張で体がかたくなってしまう。

私、どれぐらい緊張しやすいかって言ったら

レッスンで指が震えなくなるまでに

3年以上かかり

レッスン前夜に寝れるようになるまで

5年以上かかりました。

今でも行く前にお腹が痛くなったりします。

それぐらい緊張してしまうのです。

(これを読んで、自分よりもっと緊張している人がいる

と安心してもらえたら嬉しいです。)

ストレッチは決まったものではなく

毎回適当に、首、肩、腕、背中

思いつくままに

座った状態でできるものをしています。

人から勧められると

何だかやる気がなくなってしまうものだけど

レッスン時の緊張で悩んでいる方で、

やったことがない方、

試してみる価値あるかもしれません。

心はほぐれなくても、

体がほぐれれば、

演奏への影響は少ないって

この前読んだ記事にも書いてあったし・・・。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

聴くピアノ35について

私、うっかりして聴くピアノ33と35で

同じ内容を載せてしまっていました。

いや、35を書いた時に

何か載せたような気がすると思いながら

書いていたんですけど、

33を書いた時にカテゴリーの登録するのを

忘れてしまって、「聴く」カテゴリーで抽出した時に

出てこなかったから、気付けなかったんです。

なので、35は書き換えました。

ボストンで活動している

ピアニスト/作曲家 斎藤 恵理さんです。

「聴くピアノ」は私がネットラジオとかYouTubeで

いいなとか、おもしろいなとか思ったソロピアノ曲を

不定期で載せているカテゴリーです。

書き換えた「聴くピアノ35」のリンク貼っておくので

よかったらみてください。

http://yumiko.tea-nifty.com/piano/2018/03/post-6e65.html

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

抜くところを探す(メモ)

抜くところを探す。

軽く弾く所をつくると流れができる。

でも、だいたいみんな弾きすぎている。

そうすると重くなって音楽が流れなくなる。

先生はそれについて

写真の曲で教えてくれたのだけど、

(分かりやすいように、YouTubeのリンク

貼っておきますが、弾き方はここで書く内容と

一致していないのでどんな曲かだけ

参考に聴いてみてください。)

https://youtu.be/kN3vcueLc6g

Me

見てほしいのは右手のメロディーの部分。

ジャカジャカジャンと繰り返した後、

8分休符が入ってドレミファソラシドと

音階になっている。

この音階になっているところが抜くところ。

力を入れず、軽く軽く。

思っているよりもずっと軽く弾く。

そうしたら特急列車のスピード感も出る。

重く弾いてしまったら各駅列車になってしまう。

これがもし1拍目の頭から入っていたら

落ちる拍だから強く入るけど

休符から始まっているのだから

軽く弾いてほしいところと。

休符の意味も納得できた。

「抜くところを探す」

これも鍵盤にさわらない譜読み法に追加しておこう。

って、言葉では簡単に書けるけど

自分で探すのは難しいのよね。

鍵盤にさわらない譜読み法に関する過去記事は

こちらをごらんください。

↓で、鍵盤にさわらない譜読み法についてふれて

http://yumiko.tea-nifty.com/piano/2018/03/dtm-5e8b.html

↓で、概要を書いて

http://yumiko.tea-nifty.com/piano/2018/03/post-92af.html

↓で、補足しています。

http://yumiko.tea-nifty.com/piano/2018/03/post-2c16.html

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

ブログ村の比率を変えたら、びっくり

ブログ村のやり直しピアノに登録させてもらって

それを機に参加カテゴリーの%比率も変えました。

今までピアノ初心者が多くを占めてたんですけど、

やり直しピアノの比率を高く

ピアノとピアノ初心者の比率を低くしました。

そしたら、変えた瞬間にやり直しピアノの

ランキングで1位になってしまって、びっくりしました。

どうやら、ピアノ初心者とピアノで得たポイントは

このサイトのポイントとして残るんですね。

おそらくですが、それまでに得たポイントを

新たに登録したパーセンテージで割って

そのサイトのポイントにしてしまうみいたいなんです。

ピアノ初心者のほうは比率を下げたので

私のランクも下がりました。

やめた説も出ているようですが、やめていません。

登録はしているので、新着記事のほうで探せば出てきます。

ピアノ初心者カテゴリーのみなさん、

これからも よろしくお願いします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

やり直しピアノのみなさん、はじめまして

やり直しピアノのみなさん

はじめまして、くらぽんと申します。

2年ぐらい前にブログを始めて

すぐにブログ村の

ピアノ初心者カテゴリーに登録して、

しばらくしてから

ピアノカテゴリーにも登録しました。

私のイメージでは

初心者カテゴリーは「熱い」

熱心な方が多くて刺激になる。

ピアノカテゴリーは「華やか」

レベルに関係なく、スター性のある方が

ランキングの上位にいるイメージです。

やり直しピアノは「上級、上質」

質のわかる大人のイメージです。

まだまだ子供向けの教本を習っていて、

ブログに書いている内容も

すごく子どもっぽいのですが、

やり直しピアノのカテゴリーに登録することで

良い刺激になるのではと思って

登録させてもらいました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

お腹も使ってみてって初めて言われた(メモ)

弾き始めのところ、

お腹も使って弾いてみて、

そしたら大きい音出るから。

今まで言ったことなかったかもしれないけど、と。

フッと下腹に力を入れる。

その時、呼吸も合わせると尚良い。

まだうまく使えないけど。

お腹に力を入れることを意識することで、

弾き始めの上半身の無駄な力みも

なくなるかしれない、と。

こんなこと教えてもらったら、

あまりピアノとの接点感じてなかった

体幹トレーニング

ちゃんと続けようと思ってしまうし

まだ記事に書いていないけど

気になっている

バランスディスクとか、

ひめトレとか、

練功十八法とか、

やってみたくなる。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

ピアノ歴

恥ずかしいから、あまり書いてきませんでしたが、

ピアノを再開して、8年が過ぎ、

9年目に入りました。

でも、まだバスティンのピアノベーシックス

子供向け教本でがんばっています。

再開した当初、ブルグミュラー程度の曲なら

楽譜も読めてはいたんですけど、

そこから始めてしまうと、大事なことに気付かず

ただ弾くだけのようになるような予感

のようなものを感じて、

五線譜にもなっていない

鍵盤図と指番号の楽譜から始め

ようやくここまで来ました。

81

82

ものは言いようで、

頭でっかちになるばかりで 進んでいないと言わず

土台をしっかり固めてきたと言えば、

それもかっこよく聞こえるかな。

写真に載っている、

今まで使ってきた教本のタイトルは

コメントに書いておきますね。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

聴くピアノ35

Eri Saito - See You In My Dreams

斎藤 恵理

http://www.erisaitomusic.com/home.html

緊張について調べていたら(メモ)

おとといアップした動画を観ていて

手首がすごく下がっているのに気付いた。

手首が下がるクセはあるけれど、

練習している時より下がっている気がして、

「ピアノ 手首 緊張」とかをキーワードに

検索していたら、ちょっと面白い記事を見つけた。

ヤマハ音楽研究所がプロデュースしている

ON-KEN SCOPEというサイトの記事。

「緊張・あがりと音楽演奏

―ステージで練習の成果を発揮するために― 」

というタイトルで4回にわたって書かれている。

私が興味深く感じたのは

第2回目の記事の

緊張・あがりは、筋肉の状態を変える

という部分。

私の手首が下がっていたのも、

緊張で腕がいつもと違う状態になっていたから

なのかもしれない。

そして、その記事の中に

センサーをつけた実験を行った結果

一流の演奏家は、

緊張して心拍数は増加しても、

腕の筋肉は、普段の練習と同じように

脱力できていた。

と書いてあった。

緊張しても筋肉が緊張していなければ

いつもと同じ音が出せるのかと思うと

何となく対策が立てられそうな気がしてくるし、

このことを知れただけでも、

緊張した時にもう少し慌てずに弾けそうな気がする。

って、そう簡単にはいかないだろうし、

私が緊張すると言っているのは

たかが動画なんだけどね。

されど、動画なのよね。

ON-KEN SCOPEの

「緊張・あがりと音楽演奏

―ステージで練習の成果を発揮するために― 」の

第一回目の記事へのリンク貼っておきます。

http://www.yamaha-mf.or.jp/onkenscope/yoshiemichiko1_chapter1/

ちなみにこのサイト、

他にも面白そうな記事がたくさんあります。

ひまな時に見たら楽しそうです。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

たかが動画、されど動画

今日は暖かく、

時間的にも、いつもよりゆとりがあったので

久しぶりに動画を撮ってみようかなと思って

やり始めたら、すごい緊張してしまって。

半年ぐらい弾いている曲なので

そんなにミスすることもない曲なのですが

ミスの連続。

緊張が力みになって音にも反映されてしまった。

でも、後から聴き直してみたら

それほど悪くはなかったので

久しぶりにメインチャンネルにアップしました。

家だし、動画だから撮り直しもできるし、

人前で弾くことに比べたら、

緊張感は低いと思うのですが

すごく緊張してしまいました。

慣れも必要なのかもしれませんが、

あまりにもすごい緊張。

また方法を少し考えようかな。

でも、考え過ぎもよくないかな。と思ったり。

動画を撮る時に何か工夫していらっしゃる方、

緊張対策に限らず、ありましたら

ぜひコメントで教えてほしいです。

よろしくお願いします。

 

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

ブログ製本は便利

下手な鉄砲も数撃てば当たる訳で

比較的更新頻度の多い私のブログも

中には後から気になって

読み返したくなる記事もあって

ただ、記事数が多くなると探すのが大変。

そんな時は、やってみたかったから

という単純な理由で製本しておいた本が役に立つ。

あることに関しては、今の私よりも過去の私のほうが

しっかり考えていたりして。

Hon


私はブログ出版局を使っていますが、

MyBooks.jpも有名。

はじめに作ったのは1年分。

いらない部分(ブログ村へのリンクと説明文)を

カットする作業がちょっと面倒だったので

期間を短くして、2冊目は約半年分です。

ブログ出版局は年に2回

送料無料キャンペーンがあるので

その時をねらうのがおすすめ。

いちおうリンク貼っておきますね。

ブログ出版局

https://print.cssj.jp/

MyBooks.jp

http://www.mybooks.jp/

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

階段鍵盤に代わるものを探して

少し前に、鍵盤にさわらない譜読み法の

記事を書き、そのコメントの中で

階段鍵盤について書きました。

http://yumiko.tea-nifty.com/piano/2018/03/post-92af.html

階段鍵盤は音の高低差、離れ具合を

視覚的に感じることができる

初心者さんにはとてもいいツールだと思い、

ネットでもう少し調べていたら

紙で作っている方が何人かいらしたのを見て、

少し厚みのあるボードで作ったらどうかと。

これは良いことをひらめいたと

さっそく100円ショップでこんなものを買い、

Kaidan1

測って、切って、貼って

Kaidan6

完成。

喜んで使ってみたけど

あまりぱっとしない。

1つ1つの幅が狭すぎて差がわかりにくかった。

でも、

あ、そうだ。最近使ってないけど

鍵盤トレーニングシート持ってた。

と、思い出し横向きで使ってみたり

Kaidan3

縦向きに使ってみたりしてみた。

Kaidan4

鍵盤トレーニングシートは大きさが鍵盤と同じだし、

DTMのピアノロールのように音の離れている感じを

感じられるんじゃないかと思ったけど

そうでもなかった。

ピアノロールは前の音の位置が記録されて

画面上に残っているから、差がわかりやすいけど、

指で動かしてやると前の音がマークされていないから

差がわかりにくい。

そこで、またまた思い出した。

ピーター・コラッジオ先生の

「ピアノ・テクニックの基本」という本に

音楽の流れをつかむために

音符の符頭を結んでいくと良いって書いてあった。

Kaidan5

写真だと見難いけど

上の段は鉛筆で音符を結んでみた。

下の段はそのまま。

こうやって自分の手を動かして

目で見えるようにすると流れがわかりやすい。

大きく離れている所は

どれだけ離れているか度数も入れておくと

いいかもしれない。

結局、私が試した中ではこれが一番良かった。

この方法も、鍵盤にさわらない譜読み法として

追加しておこう。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

聴くピアノ34

ISADAR - Near The Edge Of Light

イサダー

http://www.isadar.com/

【DTM】Studio One 3 Primeをさわってみた

注文した本

「作りながらおぼえる DTM入門

Studio One 3 Prime対応版」

が届いたので

父の外出時を見計らって

読みながら使ってみました

基本的な使い方はDominoと一緒だったので

そんなに迷うことはなかったですが、

「ブレイクビーツ」や「ショット」なんて

今まで聞いたことがないものが出てきて。

?マークいっぱいです。

ちょっとさわってみての感想は

単純なMIDIの打ち込みだけだったら

Dominoのほうが画面が見やすくてやりやすいです。

ピアノはこうなりたいっていう目標があるから

進む方向がはっきりしているけど、

DTMのほうは目標がほとんどないから、

どこに転がっていくのか

ますますわからなくなってきました。

でも、しばらくはこのソフトだけで大丈夫そうです。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】ちょっと進んでDAWソフトをダウンロード(内容薄め)

Studio One 3 Primeという

フリーのDAWソフトを入れました。

決め手はピアノロールと

ネットに情報がいぱいあるから。

Dominoの時がそうだったんだけど、

聞ける人が周りにいないので、

本かネットを頼ることになる。

なので、情報がいっぱいあるのは大事なこと。

せっかく入れたのだけれど、

父が老人会の事務仕事で

ずっとパソコンを占領しているので

パソコンを使える時間が短くて。

うちにはパソコンは1台しかなくて

3人で共用しているのです。

とりあえず入れただけで

設定もまだ。

で、本を探していたら

良い感じの本が見つかったので

買ってしまった・・・。

あ~あ、今月買い過ぎだってば。

FYI

インストールする時にお世話になったページの

リンク貼っておきます。

1ステップ毎に画像入りで丁寧に説明してあったので

迷うことなく無事にダウンロードできました。

http://www.katmsp.com/2016/06/29/studio-one-free-dl-inst/

(無断リンクでごめんなさい。)

Studio One 3 Primeがどんなソフトかは

検索するとたくさん出てくるので

リンク貼っておかなくても大丈夫かな。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

辞典 事典3冊買いました。

辞書がほしいと言っていた私。

鍵盤にさわらない譜読みをしっかりやろうとしたら

ネットの罠にはまりそうになって、

ちゃんとした辞書がほしいと思ったのですが、

調子にのって3冊買いました。でも全部中古です。

書き込みのなさそうな物を選びました。

どんな辞書を買ったか、の前に

辞典・事典の違いって知っていますか?

言葉の内容を説明するのが「辞典」

事柄の内容の解説が中心であれば「事典」

だそうです。

「辞書」は「辞典」とほぼ同義だけど

「電子辞書」などのように機械にも使う

とか、それらを総称していう

と書かれていました。それをふまえて

B5_2

1冊目

英仏独伊による音楽用語辞典

遠藤三郎著

コメントで教えていただいた本です。

行間が広いのでとても見やすいです。

辞書を引いた時に上下に載っている

言葉も見ると勉強になるなんて学生の頃

言われましたが、まさしくその通りの辞典です。

B2

出版社シンコーミュージックさんの

ページへのリンク貼っておきます。

https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0613309/

2冊目

音楽用語・楽器名由来事典

著者は1冊目と同じ方です。

でも、こちらは「事典」です。

そして、タイトルに「由来」とついているように

歴史的なことや、成り立ちにさかのぼって

説明しているのが面白いと思いました。

次に紹介する事典が語源に焦点をあてて

説明しているの対し、こちらは

その言葉が生まれた背景に焦点をあてています。

知りたい言葉を引くだけじゃなくて、

ひまな時にぱらぱらっと見ても楽しめそうな本です。

B3

出版社も1冊目と同じです。

商品紹介のページへのリンク貼っておきます。

https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0618203/

3冊目

イタリア語から学ぶ

ひと目で納得!音楽用語事典

関 孝弘 ラーゴ・マリアンジェラ 共著

1つの言葉に対して見開き2ページで

左上に言葉と意味が簡単に書かれていて

その下に言葉のイメージに合わせた

イラストが大きく書いてあって

右ページは音楽用語の意味が

イタリア語の意味にさかのぼって

しっかり説明されていて、

その下には演奏のアドバイスが

ほんの数行書かれています。

そのアドバイスが弾く際にかなり役に立ちそうです。

わかっているつもりになっている言葉

例えばf(フォルテ)とかp(ピアノ)も

引き直してみると新たな発見がありました。

B4

出版社全音さんのページへの

リンク貼っておきます。

http://shop.zen-on.co.jp/p/880229

3冊ともそれぞれに良さあり、これだけあれば

私の知りたい気持ちに答えてくれそうです。

「辞典」しか持っていない方は「事典」も

「事典」しか持っていない方は「辞典」も

みてみるといいかもしれません。

そして、辞書ではありませんが、

コメントで教えていただいた楽典の本

「図解雑学 よくわかる楽典」も楽しそうな本でした。

情報をくれた方、本当にありがとうございました。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

概要です。

前回、鍵盤にさわらない譜読み法が

載っていた雑誌を紹介したのですが

概要を教えてほしいです。

とコメントをいただいたので。

あまりにも良い記事なので

本当はスキャンして載せたいぐらいなのですが

著作権も気になるので、見出しと内容を少し

書いておきますね。

 

1,構成から譜読み

1)インデックス型譜読み

大段落に□マークを付ける!

曲の「目次ページ」をつくるつもりで

大段落を探しマーキングする

2)スタンプで譜読み

「パターンスタンプ」を見つける!

3)違いを発見譜読み

「似ているけど違う」をチェック!

2,拍子から譜読み

利き手の反対の指でカウントをとる

「指メトロノーム」は譜読みに大活躍。

1)拍子で譜読み

拍のまとまりを追いかけろ!

2)1拍目だけ譜読み

1拍目の頭の音だけを譜読み!

3)リズム打ち譜読み

拍子を刻みながらリズムを打つ!

3,和声から譜読み

1)イチゴ狩り譜読み

Ⅴ→Iの力学を探せ!

2)虫取り譜読み

左手の音で右手の音を捕まえる!

左手の音符に対して、

右手は何の音を同時に発音しているのか、

ということを認識する。

3)串団子譜読み

和音になった団子の数を数える!

同時にいくつの音を鳴らしているのかを

数えて、重音を認識する。

4,メロディーで譜読み

1)フーフー譜読み

息を吐きながらメロディーを追え!

2)階段で譜読み

音程幅を移動せよ!

3)隠れメロ譜読み

隠れメロディーを探せ!

主旋律以外の旋律を発見したら

線で繋いでおく。

 

この構成、拍子、和声、メロディーと

見ていく順番も大事だそうです。

見出しだけなので、

分かりにくいところもあると思います。

コメントいただけたら、

私の言葉になってしまうかもしれませんが

もう少し詳しくお伝えします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

DTMは放置中ですが

弾いた時間に対して

レッスンで進むペースが遅く感じて

あれこれと悩み、たくさん練習方法を見直して

とりあえず確立できてきた感じなので、

しばらく放置していたDTMで

また遊ぼうと思っています。

DAWソフトを何を入れるか迷ってたんだけど、

Studio One 3 Primeにしようと決めたので、

ちょっと先に進めそうな気配。

参考になるか、ならないかは別として

私のメモがわりに、悩んで考えた練習方法

書いておきます。

レッスンノートは(なるべく)毎日読もう。

練習は通し練習からじゃなくて部分練習から。

1回弾いたら一呼吸おいて考えて

気付いたことがあったらメモしてから。

レッスンで教えてもらって直すべきところは、

どこまでできているか、何ができていて、

何ができていないかチェックしよう。

できていることを必死に練習するのは

指の運動とやっていることは変わらない。

予習は次の曲1つだけ。

それ以上やる時は

鍵盤にさわらない譜読みを

いつも以上にしっかりしてから。

鍵盤にさわらない譜読みはいつでもできる。

練習中じゃなくて、ひまな時にやろう。

こうやって書くと

すごく長時間の練習が必要に思うけど、

やってみると練習時間が短くなるのは不思議。

(私は1分ぐらいの曲しか習っていないので

20分もあれば十分。)

それだけ、無駄な練習をしている時間が

多かったってことか。

自分の状態が客観的にわかっていると

レッスンで先生に何か言われても

うろたえなくなるし、

先生の意見がすっと入ってくる。

で、練習時間が短くなったので、

練習後はあまり細かいことを気にせず

憧れの曲をみたりして楽しむ時間が増えた。

FYI

鍵盤にさわらない譜読みって

初心者でも理解できるような本が全くなくて

すごく苦労していたのですが、

私が見た中でこれと思う本

(雑誌のバックナンバー)を紹介しておきます。

ムジカノーヴァ2016年11月号。

鍵盤にさわらない譜読み法

(佐久間あすか)

ページ数にしてたったの3ページの記事ですが

内容がとても濃いです。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

辞書がほしいな(情報ほしいです。)

音楽辞書がほしいなと

前から思ってはいたんですけど

ネットで調べればいっかと思って

ネットに頼っていたら

危うく間違って覚えそうになった。

なので、今回は真剣にほしいなと

思い始めました。

「animato」の意味をネットで検索したら

一番上に「元気に速く」って出てきた。

そっか、元気に速くかと思って弾いていて

でも何か違う気もする、とどこがで信じ切れず。

先生の前で一度弾いてから

「animatoって元気に速く?」って聞いたら

「元気に速く、ではない」と。

その時弾いていた曲が

ミッドナイトエクスプレスというタイトルだったので

「スタイリッシュでスピード感がある感じで

弾くのがいいんじゃない?」と。

で、ネットに頼り過ぎもよくないかなと思ったのです。

スタッカートについて調べていた時にも

「スタッカートは短く切る」と、

ばかの一つ覚えみたいに思っていたけど

イタリア語では離すというニュアンスがあることを

知ったこともあって

音楽用語の意味調べに留まらず

語源に戻るのも大切だなと思うのですが。

いったいどんな辞書を買ったらよいのかわからず。

こんな辞書がおすすめだよ。というのがありましたら

コメントで教えていただけると嬉しいです。

匿名のコメントでも大丈夫なので、

通りすがりさんでも構いません。

よろしくお願い致します。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

もう一歩進んで(ちょっとやさぐれたつぶやき)

教本が、すごくつまらなく感じて

あれこれ、きれいごとを並べて

自分をなだめてみたり

練習の仕方を変えたりしてみて

ちょっとは丁寧に練習できるようになってきた。

色々見すぎると練習が雑になってしまうから

先の曲をあえて練習しないように

我慢して、抑えてるんだけど

やっぱり見たくなってしまう。

そもそも練習しないようにした理由が

指の運動をしているだけで

考えずに弾いているから、な訳で。

じゃあ考えて弾けばいいんじゃない?と。

自分にとって難易度が高い曲の時は

初めて弾く前に、楽譜をしっかり見て

イメージをふくらませたりするけど

(鍵盤にさわらない譜読み)

難易度が下がるとそういうことを省いてしまう。

鍵盤にさわらない譜読みをしっかりしたら

弾きたくてワクワクするっていうから

教本の曲もちちゃんと譜読みをしてから弾けば

指の運動で終わることもなくなるし、

先の曲を見たい欲求も満たせるかな。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。

にほんブログ村

  • ランキングに参加しています。
    クリックすると人気ブログランキングのページにとび、このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。
無料ブログはココログ