« DTMは放置中ですが | トップページ | 辞典 事典3冊買いました。 »

概要です。

前回、鍵盤にさわらない譜読み法が

載っていた雑誌を紹介したのですが

概要を教えてほしいです。

とコメントをいただいたので。

あまりにも良い記事なので

本当はスキャンして載せたいぐらいなのですが

著作権も気になるので、見出しと内容を少し

書いておきますね。

 

1,構成から譜読み

1)インデックス型譜読み

大段落に□マークを付ける!

曲の「目次ページ」をつくるつもりで

大段落を探しマーキングする

2)スタンプで譜読み

「パターンスタンプ」を見つける!

3)違いを発見譜読み

「似ているけど違う」をチェック!

2,拍子から譜読み

利き手の反対の指でカウントをとる

「指メトロノーム」は譜読みに大活躍。

1)拍子で譜読み

拍のまとまりを追いかけろ!

2)1拍目だけ譜読み

1拍目の頭の音だけを譜読み!

3)リズム打ち譜読み

拍子を刻みながらリズムを打つ!

3,和声から譜読み

1)イチゴ狩り譜読み

Ⅴ→Iの力学を探せ!

2)虫取り譜読み

左手の音で右手の音を捕まえる!

左手の音符に対して、

右手は何の音を同時に発音しているのか、

ということを認識する。

3)串団子譜読み

和音になった団子の数を数える!

同時にいくつの音を鳴らしているのかを

数えて、重音を認識する。

4,メロディーで譜読み

1)フーフー譜読み

息を吐きながらメロディーを追え!

2)階段で譜読み

音程幅を移動せよ!

3)隠れメロ譜読み

隠れメロディーを探せ!

主旋律以外の旋律を発見したら

線で繋いでおく。

 

この構成、拍子、和声、メロディーと

見ていく順番も大事だそうです。

見出しだけなので、

分かりにくいところもあると思います。

コメントいただけたら、

私の言葉になってしまうかもしれませんが

もう少し詳しくお伝えします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« DTMは放置中ですが | トップページ | 辞典 事典3冊買いました。 »

コメント

おぉ、概要ありがとうございます。
虫取り譜読みのところが特に効果大きそうですね!
これならピアノ無くてもできそうですし、譜読みにあたって効果大きそうです

いつでもピアノ触れるというわけじゃないので、今度こういう譜読みも試してみます

びこさん、こんばんは。

この先生、ネーミングのセンスがいいですよね。
こういうふうに教えられると、譜読みが楽しそうに思えてきますよね。

読み返してみたら、
4,メロディーで譜読み 2)階段で譜読み 音程幅を移動せよ!
がわかりにくい気がしたので補足しておきます。

ここで注目するのは隣の音と何度離れているかということです。
本の中では、人形などを使い、メロディーの上がり下がりに合わせて人形を移動させる。本や小物でミニ階段を作っても良し。と書いてありました。

ネットでちょっと調べてみたら、これをするのにちょうど良さそうな階段鍵盤というものがあることがわかったのですが、お高い。
そこで思いついたのがレゴブロックを使って作れないか・・・が、しかし、子どもの頃使っていたレゴブロックは最近、甥っ子ちゃんに全部あげてしまい、うちには残ってなかった・・・。
階段を作るとしたら2オクターブぐらいほしいし黒鍵の分もほしいよね。
可能性があるとしたら、積み木とかジェンガ?
段ボールで地道に手作り?
妄想が深くなっていきそうなので、このへんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 概要です。:

« DTMは放置中ですが | トップページ | 辞典 事典3冊買いました。 »

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。
無料ブログはココログ