« ピアノ歴 | トップページ | やり直しピアノのみなさん、はじめまして »

お腹も使ってみてって初めて言われた(メモ)

弾き始めのところ、

お腹も使って弾いてみて、

そしたら大きい音出るから。

今まで言ったことなかったかもしれないけど、と。

フッと下腹に力を入れる。

その時、呼吸も合わせると尚良い。

まだうまく使えないけど。

お腹に力を入れることを意識することで、

弾き始めの上半身の無駄な力みも

なくなるかしれない、と。

こんなこと教えてもらったら、

あまりピアノとの接点感じてなかった

体幹トレーニング

ちゃんと続けようと思ってしまうし

まだ記事に書いていないけど

気になっている

バランスディスクとか、

ひめトレとか、

練功十八法とか、

やってみたくなる。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« ピアノ歴 | トップページ | やり直しピアノのみなさん、はじめまして »

コメント

こんばんは
確かにそんな気がしました.
私は水泳をしているので、下腹に力を入れるとかなり違いを感じます..
同じようにピアノに向かうときも、姿勢をキチンとして下腹に力を入れると、何となく、これからやるぞ っと言った、自ら鼓舞する意気込みが感じられるようになるかと思いました.

こんにちは。
コメントありがとうございます。

水泳でもお腹意識したりするのですね。
ちょっと意外でした。

ピアノではちょっと意識するだけで、すごく音が変わっておもしろいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お腹も使ってみてって初めて言われた(メモ):

« ピアノ歴 | トップページ | やり直しピアノのみなさん、はじめまして »

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。
無料ブログはココログ