« 体幹について考えてみよう その2 (狭義の体幹) | トップページ | たまには私の(どうでもいい)ピアノの話しを »

体幹について考えてみよう その3 (広義の体幹)

つづきです。

その1の記事で、

広義の体幹は

ざっくりと言えば胴体。

お腹、背中、胸、

手と足じゃないところ全部。

(広義の体幹には頭を含めるって書いてあるものと

頭は含めないって書いてあるものがありました。)

と書きましたが、

広義の体幹は胴体っていうのは共通しているんですが、

書かれたものによって、捉え方に少し違いがありました。

大きく3つぐらいに分かれるんですが、

それら3つを全部見ることで、

広義の体幹の理解が進むと思うので

あえて全部書いみます。

1つめの捉え方

胴体

体から両手両足を撮った部位全体

胸、お腹、背中、腰、お尻

2つめの捉え方

脊柱、肩甲骨、股関節を取り巻く周囲の筋肉

もう少し詳しくいうと

広背筋、臀筋群、内転筋、脊柱起立筋、

腹直筋、腹斜筋、腹横筋、腸腰筋

(どこかというのがはっきりわからなくても

文字から何となくの場所を想像していくと

胴体全体にある筋肉のイメージが

何となくできてくると思います。)

3つめの捉え方

体幹部を構成する全ての骨、

それを支える全ての筋肉、

さらに、動きの中で変化し得る軸や重心の総称

この捉え方が3つの中で一番大きく捉えていて

「どこか」という実体がない軸や重心まで

含んでいます。

3つを比べてしまうと違いがあるということで

終わってしまうのですが、

全部広義の体幹について言っていると思ってみると

広義の体幹の役割が

何となく見えてくる思います。

と、今日はここまで。

次は広義の体幹の役割、

そして、ピアノを弾くことと体幹について

書こうと思います。

あ、あと、私、専門家ではないので

間違ったことを書いている可能性もあります。

学生時代に、試験前に友達がまとめたノートを

コピーさせてもらった経験のある方多いと思いますが、

そんな感じで見てもらえたら嬉しいです。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« 体幹について考えてみよう その2 (狭義の体幹) | トップページ | たまには私の(どうでもいい)ピアノの話しを »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572561/66766241

この記事へのトラックバック一覧です: 体幹について考えてみよう その3 (広義の体幹):

« 体幹について考えてみよう その2 (狭義の体幹) | トップページ | たまには私の(どうでもいい)ピアノの話しを »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。

にほんブログ村

  • ランキングに参加しています。
    クリックすると人気ブログランキングのページにとび、このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。
無料ブログはココログ