« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に その23 その後

去年、1年かけて

スケール・カデンツ・アルペジオの練習をして、

今年に入ってからもぼちぼち続けていたのですが、

夏に続かなくなってしまい、

週に1回ぐらい、気が向いた時だけ

やるような状態になってしまっていて、

でも、せっかく指が何とか動くなるようになったのに

弾けなくなってしまうのは嫌だなと思って、

弾けなくなるぐらいなら、細々とでも続けようと

1日1つの調だけにしました。

順番もページがあちこち飛ぶと

面倒くさいが増すので、本の通りにしました。

長調が15調続いて、その後に短調が15調。

前は5度圏の順番でやっていたけど、

シャープが1つずつ増えていって

今度はフラットが1つずつ増えていく順番。

次にその調を弾く日がくるまでに1か月かかるけど

やらないよりはましかなと思って。

とにかく無理なく楽に続けられそうなやり方に変えたら

嫌じゃなくなって、なんとか2週間ぐらい続いています。

しばらくは、このやり方で続けてみようと思います。

 

去年書いていたスケール・カデンツ・アルペジオの記事は

こちらをご覧ください。

http://yumiko.tea-nifty.com/piano/cat24168834/index.html

 

追伸

ブログ村の登録カテゴリーのDTMをピアノに変えました。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

ブルグミュラー25の練習曲 版による違いをみてみよう

ブルグミュラー25の練習曲は

色んな出版社から楽譜が出ているので、

複数持っている方も多いと思います。

私も4つ持っていて、

原典版にはペダルが入っていないけど

全音版には入っている。

音楽之友社版は原典版に近い

と、それぐらいの違いしか知らなかったのですが、

頂いたコメントがきっかけで、調べたら

大きく分けて「ロマン派スラー」と「古典派スラー」という

2つのスラーのつけ方があることがわかりました。

手持ちの楽譜の

「La Candeur」(素直な心)の

はじめの部分の画像を載せますね。

(画像をクリックすると拡大画像が見れると思います。)

 

東音企画

Img015t

スキャンした画像なので見にくいですが、

スラーが2重になっていて

濃いほうがA.ルートハルトによる「ロマン派スラー」

薄いほうがブルグミュラー初版譜に基づく原典版「古典派スラー」

上の段に書いてあるのがコード記号

下の段に書いてあるのは和音記号

 

ウィーン原典版

Img018w

東音企画さんの画像で見にくかった「古典派スラー」は

この画像を見て補ってもらえたらと思います。

 

全音

Img016z

(母がレッスンで使った楽譜なので、書き込みが入っています。)

「ロマン派スラー」で書かれています。

(原典版にはなかったペダルがついています。

ペダルが苦手な私は、ペダルがついている

という単純な理由で全音の楽譜を避けたのですが、

大きなフレーズを作るために必要なんだなってことが、

比べたことでやっと理解出来ました。)

 

音楽之友社

Img017o

原典版に忠実な校訂がされている楽譜なので、

やはり「古典派スラー」で書かれています。

 

ロマン派スラーと古典派スラーを

実際の演奏を聴き比べてみようと思って

動画を探してみたので、貼っておきますね。

(私が探した動画なので、違っていたらごめんなさい。)

ロマン派スラー

古典派スラー

 

ところで、ロマン派スラーと古典派スラーって何?

と思って調べたのですが、

ネットではあまり情報が得られず・・・。

この記事が参考になるかなと思うので、

リンク貼っておきますね。

(またしても無断リンクでごめんなさい。)

https://ameblo.jp/chipmop1021/entry-11147152276.html

 

今回は、スラーに注目して比べてみましたが

「違う」っておもしろいですよね。

そして、書かれているスラーだけじゃなくて

書かれていないスラーも感じないと

音楽にならないんだなと、改めて思いました。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

遅い素直な心、すべるアラベスク

ブルグミュラー、難しいですね。

素直な心は、全然速く弾けません。

でも、形は見えてきた感じがします。

アラベスクは、何回弾いても

見えてきません。

急いで弾いているつもりはないのに

録音してみたら音がすべっていて、

進んだつもりだったけど

全然進んでなかったことに気付きました。

まだ練習中ですが、素直な心は動画にしてみました。

音源はスマホ録音なので

あまり良くないかもしれません。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

みてたら欲しくなった(つぶやき)

また、シンセサイザーの話し。

KORG MS-20 mini

動画の説明がわかりやすくて、

みてたら私でも使えそうな気がしてくる。

そしたら、欲しくなっちゃうじゃん!

オーディオインターフェイス買う予定がなかったら

迷わずに買っていそうです。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

休符について、ほんの少しだけ考えてみる

私の先生は中学校で音楽の先生も

しているのですが、

今の音楽の授業では

フォルテを大きくピアノを小さくと

教えてはいけなくて

教科書的には、強く弱くと教えないといけない

という話から

休符って、子どもの頃

お休みって習ったけど

それでいいんだろうか?

という話になり、

もっといい解釈はないかと

レッスン中にスマホで調べながら

ああでもない、こうでもないと話して、

お休みっていうと

日曜日のような休日を想像してしまって

だらっと力の抜けた感じになってしまうけど

イタリア語で休符はpausa

休符以外にどんな意味があるかというと

休み時間とか一時的な中断を意味する

ということがわかって、

じゃあ緊張感は保っておかなくちゃだめだよねって

話しになって、

他には「ことばの間」とか「文章の区切り」という

意味も見つかって、

「間」って考えるのが一番しっくりくるかな

という何となくの答えが見つかったのだけれど、

休符がきた、ふ~お休み、は改めないと・・・。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

音をつくるって(つぶやき)

あ、タイトルにDTMって入ってないけど

シンセサイザーの話しです。

8月の終わりに書いて、

下書きになっていた記事で

まだ途中ですが、まとまりそうもないので・・・。

 

シンセサイザーで音をつくるのって

料理するのと似てるのかな。

砂糖を入れて甘くするとか

塩を入れてしょっぱくするとか

でも、塩はしょっぱくするばかりじゃなくて

小豆を煮る時に少し入れると

甘さが際立ったり。

スープにこしょうを入れると

味がしまるなんてのもある・・・。

 

よくわからない記事だけど

勉強していくうちに

この意味を説明できるようになりそうな

そんな気もします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

変わったこと

「どんどん上手くなっちゃうね。」

と3週続けて言われた。

昨日は

「指が動くようになったら

難しい曲も弾けるようになっちゃうね。」とも。

そんなこと、1回言われただけでも嬉しいのに

3週も続くなんて。

最近、1つの曲に対する向き合い方が

変わってきたと思う。

バスティンやってた時は、

先に進めることばかり考えていて、

とりあえず教えてもらったことは

できるようにしていこうとしてたけど、

今思うとだいぶ適当だった。

今の方が、次のレッスンまで限られた時間の中だけど、

教えてもらったことを確実にできるように

っていう気持ちが強くなった気がする。

表現についても

がつがつ考え過ぎなくなった

というよりも、楽譜を見ているつもりでも

見落としていることがレッスンのたびに見つかって、

楽譜通りに弾くのが難し過ぎて

表現のことまで考える余裕がない。

それである意味正解なのかもしれない。

なかなか先に進まないけど、

それに対してそんなに感情が動くこともなく

でも、毎週何かしらの進歩は感じられて、

あまり自分のことを認めたり、好きになれないけど

そういう自分は好きになれそう。

またピアノが少しずつ楽しくなってきた。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

とりとめのない話し

最近、ピアノの話題を全然書いていませんが、

7月からずっと、ブルグミュラーの

素直な心とアラベスクを習っています。

教えてもらったことをできるようにして

レッスンに行くと

また少しレベルアップしたことを教えてもらい、

その繰り返しで、

どんどん難しくなっていっているのですが

これといって悩むこともなく

かといってすごい楽しむでもなく

淡々と続けている感じです。

今はピアノよりも

シンセサイザーの勉強している方が楽しくて、

ピアノも練習していない訳じゃないけど

音を作れるって楽しいなと思って

マニュアルとかシンセサイザーの入門書を

みたりしています。

Subtractorという

アナログシンセサイザーのソフトの使い方を

覚え始めたんだけど、

ReasonというDAWソフトには

シンセサイザーのソフトが4つ入っていて

Subtractorはアナログシンセサイザーで

太くて重厚な音

シンセベースやシンセリード、シンセブラスに向く

Malstromはデジタルシンセで

キラキラした音や複雑に変化する音色など

多様な音を作ることができる

パッド系やストリングス系に向く

thorはアナログもデジタルもの万能型

この続きは、よくわからないので

詳しい記事に助けてもらうことにします。

(無断リンクでごめんなさい。)

https://ameblo.jp/hkiryu/entry-12259905921.html

そして、最近追加されたEuropa

見た目よりも簡単らしいが、

私にはさっぱりわかりません。

なのでこれも詳しい記事に助けてもらうことにします。

(これも無断リンクでごめんなさい。)

https://t5blog.waveformlab.com/2018/07/Europa-by-Reason.html

thorとEuropaはよくわかんないけど、

Malstromはがんばったらわかりそうだから

もうちょっとSubtractorわかるようになったら

勉強してみようと思います。

キラキラした音なんて言われたら

かわいい音作れそうな気がするし、

つまみとレバーの数が少ないから覚えやすそう。

追記

と思ったらMalstromは製品版にしかなかった・・・。

ざんねん。

(Reason10と10Liteの比較表が

Propellerheadのページのここにあった。)

なので、thorを勉強するか

あるいは、別の面白そうなものを探そうかな。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】アナログシンセサイザー勉強中です その6

その4の記事を書いた時に

SubtractorのPhaseとFMが

よくわかんないっていってたんだけど

Propellerheadが出してるマニュアル見たら

ちゃんと書いてあった。

オシレーターの5番から32番の波形も

説明が書いてあった。

ページ数が多いから1から全部読むのは

大変だけど、わからないことだけを

探して読むのにはずごく使える。

日本語版は7までしかないけど

Reasonは古い本でも役に立つから

マニュアルの入り口が書いてあるページの

リンク貼っておきます。

このページを見ると

Reasonの6のマニュアルが最新のように感じますが、

7のオペレーションマニュアルもあります。

http://www.propellerheads.jp/user/register/

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】Reason Subtractor と Matrix をつないでみる

おもしろそうな動画を見つけたので

とにかく動画の通りにSubtractorとMatrixをつないで

まねしたら音が出た。

マウスでシューってなぞるだけで

簡単にフレーズができた。楽しい。

Subtractorも、もうちょっと勉強が必要だけど

Matrixも使い方を知りたい。

 

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】アナログシンセサイザー勉強中です その5

ノイズセクションについてです。

ノイズセクションはSubtractorでは

3つ目のオシレーターと考えることができる。

通常のオシレーターが波形を出力するのに対し、

ノイズを発生する特殊なオシレーターの一種。

風や波の音を作り出したり、

ドラムのようにピッチのない楽器を

シミュレートする時に使うことができる。

 

Subtractorではノイズジェネレーターの出力は

内部的にはOsc2と接続されているので、

ノイズジェネレーターをオン

Osc2をオフにして

この状態で鍵盤を弾くと

Osc1の音にノイズが混ざった音になる。

さらにオシレーターセクションのMixつまみを

右いっぱいにまわして、思いっきりOsc2寄りにすると

ノイズだけが聞こえてくる。

Osc2をオンにしている場合は

Osc2の音とノイズは常に混ざった状態になる。

 

ノイズジェネレーターには

Decay、Color、Levelのつまみがあり

Decayはノイズが消えるまでに

どれぐらいの時間がかかるかをコントロールする

Colorはノイズの質を変化させる

右にまわすと明るいノイズ(ホワイトノイズ)

左にまわすと暗いノイズ

Levelはノイズジェネレーターの出力レベル

 

自己中心的につまんない記事を書き続けてしまったけど、

ちゃんと勉強したら少しずつ理解できるってことを

感じることができました。

この続きは、どうしても覚えておきたいことだけ

メモ的に書くことにします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】アナログシンセサイザー勉強中です その4

ブログを自分のノートとか

メモ帳がわりに使っているので、

毎日つまらない記事ばかりで

すみません。

あと2つぐらいこんな記事

書くのでスルーしてください。

 

昨日、オシレーターセクションにある

他のつまみとかボタンの役割がわからないと

言っていたのですが、

Waveformの左横にある×-〇

バツとボウとマル?と思っていたのですが、

掛ける、引く、そして丸はオフで。

その横にあるPhaseに対して設定するための

スイッチでした。

そこまでは理解できたのですが、

どうなるかは、やっぱりよくわかりません。

(やっていくうちに、わかるようになるんだろうか?)

Mixは2基あるVOCをどれぐらいの割合で

混ぜるかというつまみで、

左にわますとOsc1寄り

右にわますとOsc2寄り

真ん中にすると1と2がはっきり聞こえる。

Mixつまみの上にFMというつまみがあるんだけど、

それはFM音源方式のつまみで、

私が今勉強しているアナログシンセサイザーは

減算合成方式といって

雑音のようないろいろな周波数成分を含む信号を

はじめにつくっておいて、

そこから不要な周波数成分を

捨てるという方法なのだけれど、

それとはまた違う方式で調整するようです。

なのでこのつまみも、やっぱりよくわかりません。

 

Subtractorのオシレーターセクションの下に

ノイズジェネレターのがあるのですが、

それは次の記事で書くことにします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】アナログシンセサイザー勉強中です その3

今回はVCOについてもう少し詳しく勉強しました。

VCOは基本波形作り、音の高さを決める所でした。

 

波形にはいろんな形がありますが

代表的な波形は4つ

ノコギリ波

三角波

サイン波

矩形(くけい)波

(矩形とは、

すべての角が直角の、四辺形。長方形。)

 

ノコギリ波

Saw Tooth

最も多くの倍音が含まれている

明るい波形

 

三角波

Triangle

倍音は少なく柔らかくておとなしい音

 

サイン波

Sine

基音だけで倍音のない波形

シンプルで暗い音

 

矩形波

Puls

奇数倍音だけを含んだもの

ファミコンで有名なサウンド

50/50の比率のものを

特にSquareという

 

VCOのもう一つの機能は音の高さを決める。

音程を変える方法、方式は以下のようなものがある。

オクターブ切り替えつまみ

半音階つまみ

微調整つまみ

SubtractorではOct、Semi、Centがあり

Octはオクターブ単位

semiは半音単位

Centは半音の1/100単位

で設定できる

 

SubtractorではオシレーターセクションがVCOにあたり

2基のオシレーターが搭載されている。

Waveformで波形を選び、

Oct、Semi、Centで音程を設定する

 

ここまでは何とかわかったんだけど、

オシレーターセクションにある

それ以外のつまみとかボタンの役割が

本を見てもよくわからずです。

ネットで情報を集めないと・・・。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】アナログシンセサイザー勉強中です その2

昨日の続きです。

エンベロープ・ジェネレーター

(Envelope Generator)は

EGやENVと書かれたり

構成要素からADSRとも呼ばれる。

(アタック・ディケイ・サステイン・リリース)

時間的変化をコントロールする装置。

LFOは

Low Frequency Oscillatorの略で

低い周波数だけを作り出すオシレーターの一種。

通常のオシレーターとは異なり

直接音を作り出すわけではなく、

ビブラートやトレモロの効果を

生み出すのに使われる。

 

昨日は

VCO→VCF→VCAという流れをみたが

実際にはこれでは音がピーーーーーっと

出ているだけにすぎない。

楽器として機能させるには、

鍵盤によって音が出たり消えたりし、

音色もさまざまな変化をさせられることが必要。

それを行うのがモジュレーション(modulation)。

意味は変調で、

エンベロープ・ジェネレーターやLFOからの

情報のことを言う。

モジュレーション信号は

VCO、VCF、VCAなど、どのブロックにもかけられ、

VCO、VCF、VCAのそれぞれを指定することで、

その効果、音の変化が変わってくる。

 

大きな流れは何となくわかってきました。

次は、何をどうしたら、どうなるのか

詳しくみていきたいと思います。

同時にReasonのSubtractorではどこにあたるのかも、

みれたらみようと思います。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

【DTM】アナログシンセサイザー勉強中です その1

ビートルズのスコアを買った私、

ベースとギターは弾けないからどうしよう?

と思ったのですが、

ベースはシンセベースのほうが

わかりやすいかも・・・。

ということで、シンセサイザーの勉強をしています。

(ギターは・・・また後で考えます。)

私が使おうと思っているソフトSubtractorは

アナログシンセサイザーのなので

アナログシンセサイザーの基本から勉強中です。

 

アナログシンセサイザーを構成する要素は5つ

VCO

VCF

VCA

エンベロープ・ジェネレーター

LFO

 

VCOは

Voltage controlled Oscillatorの略で

voltage controlledは

電圧で制御されたという意味で

oscillatorは発振器という意味

VCFのFはfilterのF

VCAのAはamplipher、アンプのA

シンセサイザーの基本的な流れは

VCOは、基本波形を作り、音の高さを決める所。

ここでは、多少倍音が多めの波形を選ぶ。

そこで作られた音はVCF(フィルター)に送られ

不要な倍音成分をカットして、音色を整える。

最後にVCA(アンプ)で音量を決める。

これが基本の流れ

というところまでは、わかった。

とりあえず、はじめの一歩。

エンベロープ・ジェネレーターとLFOについては

まだふれてないし。

この続きは次の記事で。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

ブログの名前を変えました

お世話になっております。

くらぽんです。

ブログの名前を

「初心者だけど、ピアノが好き」から

「sound note」に変えました。

これからも、よろしくお願い致します。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

やり直しピアノ 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。

にほんブログ村

  • ランキングに参加しています。
    クリックすると人気ブログランキングのページにとび、このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。
無料ブログはココログ