« シンセ | トップページ | チョコミント »

だい

金曜日の夜、

先生以外、誰かに聴いてもらう訳じゃないのに

こんなに頑張って、

なんか空しいなと思って練習を終わらせて

リビングに戻ったら、母が

多分だいちゃん

ずっとピアノの音聴いてたよ。

何もないのに気持ちよさそうに

外に出て座ってたよ。

と、言っていました。

そして、そっと覗いてみると

もう小屋に入っていました。

次の日、

今日もだいちゃん外にいたよ。

と母。

また、そっと覗いてみると

もう小屋に入っていました。

Dai

« シンセ | トップページ | チョコミント »

コメント

大導寺錬太郎『ラ・カンパネラ』

https://youtu.be/AuIrIeI1Ym4

コンサートでバイエル、ブルグミュラーも弾かれます。(こっそり)

あずにゃんさん、こんにちは。

ブログ村の新着にもまだ載ってないのに、早。

お名前初めて見ました。
きらびやかでいて繊細な音。
今まで聴いたカンパネラの中では一番好きかもしれません。

この方がバイエルやブルグミュラーを弾いたらどんな音になるのか、興味わいてきます。

バイエルとブルグミュラーはなかったけど
エリーゼのためにはあった。
https://youtu.be/tMDRvsVnkQA

ピアノは義務ではありませんから。

ということで話題を変えまして、
この動画の1分20秒あたりから衝撃ですね。(何が?)

リズム感を鍛える メトロノームを使わない方法
https://youtu.be/ulyjXnzlzsY

これでも元バンドマンですから。(笑)
独りで弾く楽器は…。

あずにゃんさん、こんばんは。

昔のメトロノームは狂っていることが多かったから、楽譜に書かれた速度記号はあてにならないとよく言われてますよね。

ブルグミュラー25に書かれている速度記号も本当はもっと遅いんじゃないかと思う。

この動画の続きが気になります。

あずにゃんさん、元バンドマンって、今はやってないのですか?

楽器を独りで弾くのは孤独ですよね。
今けいおん!の再放送が深夜にやっているから録画してみてるんだけど、すごく羨ましい。
(再放送じゃない放送がやってた時は音楽に全く興味がなかった時だから、全然観てなくて、だからすごく新鮮。)

続編はこちらをどうぞ。

メトロノームでリズム感を鍛える
https://youtu.be/sSvRrjPJn3k

>元バンドマンって
ブライアンイーノと一緒でライブでは何の役にも立ちませんからね。(30年以上前の黒歴史)

アニメでは響けユーフォニアムという吹奏楽部のお話もありますね。

バンドはバンドで色々大変ですね。
(わがままだから)

あずにゃんさん、また早。

黒歴史なんですか?
いろいろ大変そうなのは想像できるけど、バンドと聞くと熱い青春的なものを思い浮かべてしまう。
でも、黒歴史でもブライアンイーノと一緒だからという理由でかっこいい。
ブライアンイーノかっこいいもん。
あ、音楽がだよ。

響けユーフォアムはタイトルだけ聞いたことあります。観たことないけど。

続きがあったんですね。
ピアノも打楽器だから、何か応用できないかと考えながら観てしまいました。

バンドで重要なのは
1.鍵盤の押し間違えより、押すタイミングの違いがあると論外。
あと、2.楽譜がないと何もできない人はお役御免なんですよ。

1.は音痴とはダンスは出来るが、リズム音痴とはダンスは出来ないと言います。

つまりピアノ教室のレッスンは何の役にも立ちませんでした。

解決策はバイエルの44番と86番だけ徹底的にすればいいのですが。

その話は後ほど…。

あずにゃんさん

わかった!
自分の体の中にリズムがないと弾けないってこと?

どうもこんばんは、あずにゃんです。(ヒカ○ン風)

ドラムの練習にチェンジアップ、チェンジダウンというのがありますが、1小節の時間の幅が狂わない練習ですね。

1小節内が全音符1個、2分音符2個、4分音符4個、
8分音符8個でも安定していないとならないと言う事です。
86番は3連符もあります。

ここで注目すべき点は44番も86番も
『先生との連弾曲』になっている点ではないでしょうか?(恐るべしバイエル)

あずにゃんさん

なるほど~!

ピアノとは関係のないチョコミントの記事も読んでくれたのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンセ | トップページ | チョコミント »

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。
無料ブログはココログ