« ありがとうブログ村 | トップページ | スピーカーを買いました。 »

やっと見つけた

私ってないものばかりだな~

とずっと思っていて、だから

ピアノは好きなのに

「好き」と言うことにどこか躊躇があって

すっきりしなかったんだけど、

どんな曲でも楽譜とちゃんと向き合おうと

努力しているところは良いところだなって

10年目でやっと自分の良いところを

1つ見つけられて、

そしたらほんの少し自信が持てました。

« ありがとうブログ村 | トップページ | スピーカーを買いました。 »

コメント

くらぽんさんの先生は違うようですが、
昔七夕の短冊に『お願いだから、この世の中からピアノを無くしてください。』と書いた人が居たそうですが、
よほど能力の高い人でない限り、
昭和の時代のピアノレッスンでは自信が付く訳はありません。

まずはじめに音楽自体を好きにさせないと。
ということでくらぽんさんもバンド活動をしてみてください。

2分辺りから高度なオルガンソロが…。(笑)
高橋利光さん無茶苦茶上手ですね。
GT / Crazy Ken Band
https://youtu.be/Yinrv654lYQ

あずにゃんさん、こんばんは。

本当に上手です。
聴いていて気持ちがいい心地よさがあります。

音楽自体を好きにさせないと
と言われた意味は、半分の半分ぐらいわかるような・・・。
ピアノも好きだけど楽しみきれてないんですよね。

ピアノ教室を止めると同時にピアノも音楽も止めてしまう。
クラシックがだめそうだから、ピアノも音楽も止めてしまう。

という事ではあんまり意味が無いかなと私思いますよ。
他のジャンルや楽器に進路変更したい時にゼロからやり直さないで済むような能力を身に付けさせるのが、本来の意味での基礎のレッスンだと思います。

それは音符並びが複雑な曲を弾けるという事ではないと思います。(断言)

昭和の時代は誰もがソロピアニストを目指すレッスンでしたが、人間には個々に役割があります。(居場所を見つけないと)

↓クラシックがだめだった人(笑)

Joe Jackson - Steppin' Out
https://youtu.be/PJwt2dxx9yg

Joe Jackson - You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)
https://youtu.be/Bo759np9-nM

あずにゃんさん、わかった!

そうですよね。居場所を見つけないと。
ブログがこういう状態になったのも、きっとそういうことだと思うし・・・。

あ、もちろんピアノはやめないよ。
あの先生から離れるのはもったいなさ過ぎるから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがとうブログ村 | トップページ | スピーカーを買いました。 »

このブログは

  • リンク歓迎、連絡不要です。
    私もたくさんリンクを
    貼っているので、
    お役に立てるのであれば、
    どんどんリンクしてください。

コメントについて

  • 匿名でのコメントでも大丈夫です。いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。たくさんのコメントお待ちしています。
無料ブログはココログ