私について

完璧な練習法

完璧な練習法とは本のタイトルです。

ピーター・コラッジオ先生の

すてきにピアノシリーズの第3巻。

薄いマンガ本ですが、内容が濃くて

何度か図書館で借りています。

練習の仕方を見直して

そいうえばと思いだして

また、借りました。

少し内容を紹介しますね。

「完璧な練習法は、間違いを許しません。

完璧な練習法は、完璧を繰り返すことである。」

この言葉がこの本の中で一番大事な言葉で

この重要性をマンガで伝えています。

もう少し、紹介すると

5つのステップ練習法として

(1回の)練習の流れが書いてあって

1.指の準備体操

2.テクニックの勉強

3.曲を習う

4.仕上げる

5.復習

とあります。

3.曲を習うは新しい曲の練習

4.仕上げるは仕上げ中の曲の

弱点を埋めていくこと

5.復習は前にやった曲の中から

1曲ぐらいは復習して、

せっかく練習して弾けるようになったのに

弾けなくなっちゃったってならないようにしよう

ということです。

しっかり暗譜をするための重要な要素としては

見る 聴く 考える 触る

精密で正確なリズムを保ち、

間違えないで確実に弾ける早さで弾く

小さいセクションに区切って練習する

(セクションには繋ぎ目をつけて練習する)

自分の手に合い音楽的にも良い指使いを決めて

それをきちんと実行すること

そして何回も繰り返し、

音楽を創造すること(reinforce:強化)

あなたのクリエイティブな想像力を使い、

弾くたびに一段とすばらしくしていくこと。

といっています。

練習プランでは曲を仕上げるまでの

プランを3つ紹介しています。

プランA、一番早く学べる方法

プランB、なめらかさへの近道

メトロノームを使った練習方法

プランC、最低数週間以上先の演奏会で弾く予定の

大曲の練習法を紹介しています。

そして、最後に

満足感が得られる公開演奏のコツが載っています。

ざっとキーワードだけをピックアップして書きましたが、

本ではもう少し具体的な方法が載っていました。

でも、そんなに細かくは書いていません。

言うは易し行うは難し。

そういう事なんだと思います。

この本を読んで、私はあまり「復習」

レパートリーについて

意識していなかったことに気付きました。

それで、レパートリーの整理をしてみたのですが

つづきは次の記事で。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

そういうことだったんだ(つぶやき)

できるようになると

また違うことを言って

できなくして帰す

でもね、曲を仕上げる過程では

あっちに振ったり

こっちに振ったりしながら

軌道修正していくしかないの。

この前のレッスンで先生に言われた言葉。

私がダメだから振り回されていると思ってたんだけど

実は振り回されていて正解だったってことが分かった。

違うことを言われるのは、出来るようになったから

次のステップに進めてくれていただけだった。

悩んでいた時に、コメントで

そういうことだと思うって

教えてくれていたのに、

その時の私は理解しきれていないかった。

まだ理解しきれていないかもしれないけれど・・・。

でも、ちょっと成長できた気がする。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

気が付けば、もう11月(つぶやき)

散歩してて、

紅葉した落ち葉を見て。

あ~秋だなあ。

気が付けばもう11月だなあ。

そうだ、

「スケール・カデンツ・アルペジオを標準装備に」

の近況記事書かなくちゃ。

そういえば、今年は

「試してみよう」カテゴリーで

「スケール・カデンツ・アルペジオ」と

「もっと手が開いたらいいな」を

1年かけてやったんだよな。

来年は・・・

「リズム強化」と「体・姿勢づくり」をやろう。かな。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

手応えあり(つぶやき)

練習の仕方を見直してから

2回目のレッスン。

「この前よりはできている」

と先生に言われた。

自分自身でも良い練習ができている

という感じがあったので

あのやり方は今の私に合っているんだと思う。

ノートを見ながら確認する回数が増えたし、

できるようになるまで弾く回数も増えた。

今までだったら、ちょっと弾いて

何となくできるようになると良いことにしちゃってたけど、

部分練習から始めるようにしたら

できない所から練習することになるから

ちょっとでもできないなと思う所は

毎日弾くようになる。

部分練習したら通して弾いてみて

を繰り返しているんだけど、

少しやるとあきるので

一通り確認できたら終了にして、

もう練習終わりって自分の中で切りをつけてから

先の曲を見てみたり、興味ある曲を弾いてみたりして遊んでいる。

遊ぶときは深く考えずに自由にいろいろ試して楽しんでいる。

今のところ、遊びを先にしたいと思うことはないけど、

遊びから入りたいとなったら・・・

他の日が充実してるから

そんな日が一日ぐらいあってもいいかな。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

部分練習から始めたら(つぶやき)

何となく通し練習からではなく

部分練習から練習を始めたら、

自分のできてない所としっかり向き合うことになるので

できてない所が良くわかるようになりました。

だから、レッスンで言われることも素直に入ってくるようになり、

弾けてるのに丸もらえなくても、

何でだろう?と思わなくなったけど、

練習しても上達している感じがないことに苛立ち

練習するの好きだったのに、ちょっと楽しくなくなってしまった。

でも、よく考えてみれば、

今までと違うことをしているのだから

初めからそんなにうまくいく訳はなくて。

適当にやってたことを

適当にやらないようにしようとしてるのだから

やり方を見つけていく必要がある訳で。

練習の仕方を勉強しようと思って

前に図書館で借りたことがある

ピーター・コラッジオ先生の

「完璧な練習法」という本を

また予約したのでした。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

何となく通し練習から(つぶやき)

こだわりとか、意味がある訳じゃないけど

何となく通し練習から、練習を始めていた。

で、何となく2、3回弾いてから

先生が言っていたことを徐々に思い出したり、

ようやく自分の音を聴いて考えたり。

それから、弾けないところを

何回か弾いてみて、ちょっと弾けるようになったら

また通して弾いて。

何となく弾けたら、おしまい。

ふと思った。

何となく通し練習から始めるから、

だらだらとしたまま何となくの

練習になるんじゃないかって。

だったら、弾く前に声に出して歌ってみたり、

鍵盤の上じゃなくて、机とかテーブルの上で

出来ていないところの動きを確認したり。

もっと細かくピンポイントで確認して

部分練習から始めたらどうだろう?

部分練習から始めると

考えるところから始まるから

何となく弾くことはできなくなるはず。

ピアノの前に座っている時間が長い割に、

遊びと練習の境目があいまいで。

練習なんかさっさと終わらせて

もっと遊びたい。

だったら、この方法はいいかもしれない。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

さらっと言ってみた

どうやって切り出そうか、作戦を立てて、

そのまま、素直にさらっと言うことにした。

もし、まだ早いって言われても、

自分で練習したり、アナリーゼ的なことをして

楽しもうと思った。

それをブログに書いて、読んでもらうだけでも

気持ち的に違うから、そうしようって決めてた。

そこまで、自分の中では決めたけど、

今日は言うぞと思ったら変なプレッシャーをかけてしまって、

レッスンに行こうとした瞬間にお腹が痛くなった。

いざ、レッスン。

言えそうなタイミングが来て

ここだ!とばかりに心の中では気合を入れて

でも言葉はさらっと

「先生、これ終わったらブルグミュラーやりたい

いっぱい悩んで、レッスンなかった間にいっぱい練習して

この教本の先の方まで見て、そしたらけっこう弾けて

自分に自信がついたから、これ終わったらやりたい。」

って言ったら、

「やりたいっていうのが出てくるのは良いことだよ」

って言ってもらえて、憧れのブルグミュラーへの切符を

手に入れることができました。

実は、2年ぐらい前に、その時に使ってた教本が終わって

この次どうする?ってなった時

「ブルグミュラーやりたかったら、やっても良いよ」

って言われたんだけど、

その言葉を聞いた時、「まだ早いけど」っていう言葉が

裏に隠れている気がして、やりたい気持ちもあったけど

「はい」と言えなかったのです。

でも、今は自信を持って。

ただ、今の教本、あと12曲ぐらい練習曲が残っていて

どう頑張っても3か月はかかりそうだけど、

何か掴み初めてる感触があって、楽しくなってきたから

それも楽しみながら、良い流れで次に行けたらいいな

と思っています。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

ちょっとは変わったかな

久しぶりに動画を撮りました。

ビデオカメラで再生する時には

そんなに感じないんだけど、

パソコンに入れると音が小さくなってしまうのを

何とかしたいと思って、

撮る時にアップライトピアノのふたを開けてみました。

そして、編集ソフトを使って音圧を上げてみました。

それによって、前よりも音が大きく聴きやすくなりました。

そんなこともあるけれど、

いっぱい悩んで弾き方を変えたから、

聴きやすくなったと思いたい。

いや、自分の中ではそういうことにする!

と、強気な気持ちになっています。

練習曲ですが、一生懸命がんばったので

動画、貼っておきます。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

ブログを本の形に

2016年7月~2017年7月の

1年間に書いた記事を

ブログ出版局https://print.cssj.jp/ の

製本サービスを使って本の形にしました。

10月10日に注文して12日に届きました。

一週間ぐらいかかると思っていたので

あまりの速さにびっくりしました。

Book1


Book2

厚さは1cmぐらい。

ブログのイメージに合わせて、

あえてシンプルなデザインにしました。

すごく調べて書いた記事も

ノリで書いている記事も

感情にまかせてつぶやいている記事も

画面でいつでも見れるけど、あえて紙で見たかったんですよね。

子どもの頃のレッスンのこと

今の先生との出会い

いっぱい考えたスッタカート

迷って買ったビデオカメラ

目次をみているだけでも、振り返ることができて

書いたのはついこの前のことなのに、懐かしい感じがします。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

その後(つぶやき)

今日も本当のつぶやき記事。単なる日記です。

でも、書いてもっとすっきりして、

前に進みたかったんです。

ついでに、お知らせです。

今週の聴くピアノはお休みします。

 

先生の気持ちを考えることで、落ち着いた私

次のレッスンは木曜日なのに、それを待てず

先生にラインでメールしました。

伝えられたことでさらにすっきりし、

ほぼ平常心に戻って昨日レッスンへ。

 

どうやら私は壁にぶつかっていて

もう一段階上に行くにはそれを乗り越えていかないと

上手になれないらしい。

 

考えたり気にし過ぎる性格は別に悪くないよね。

だったら、とことん考えて考えて

出した答えに自信を持って進みたい。

今のままだと中途半端に考えているから

全部裏目に出ている気がする。

 

頭ではわかっているのに、

実際の音はそういうふうに弾けていなくて

直されるのが一番悔しい。

もっと、自分がどうやって弾いていて

どういう音になっているか

どういう音が出ているか

知る必要があるな。

先生が教えてくれることは、

どうやって弾くと良くなるかを知るための

手がかりだったり、参考意見と思うと

振り回されることも減るような気がする。

 

部分練習を多くしたり、

弾かないで楽譜を見て考える時間をとったり

録画・録音して客観的に見たりして

先生に言われたからやるんじゃなくて

もっと自分で考えて弾くことで

もやもやいらいらした気持ちは

なくなっていく気がする。

去年はこの時期にビデオかICレコーダーかで迷ったけど、

今年は手軽に録音できるICレコーダーが欲しくなってきた。

もちろんリニアPCMの。

欲を言えばハイレゾ対応。

 


にほんブログ村

ランキングに参加しています。クリックすると

ピアノ初心者 人気ブログランキングのページにとび、

このサイトにポイントが入ります。応援ありがとうございます。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ